09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : comment --   

今日の朝 

日本は、台風14号接近で、また雨が多そうで大変そうだなぁ。

タイは台風来ないなぁ。

北部では洪水で、俺のお客さんの工場も水浸しだそうだ。

ところで今日のバンコクの朝日だ!
赤い太陽だった。
風もヒンヤリした涼しく清々しい朝だった。



俺はタイ企業に勤めているので、土曜日は仕事だ。

土曜の朝は渋滞も無くスムーズ。
という事でタマには、マックに寄って朝飯を買う事にした。



何とエッグマフィンが有るじゃないか!
感激したぞ!

俺が日本に居た頃、確か販売しなくなったと記憶している。

コーヒーのカップサイズをUPして、113バーツ。

今日は満足したっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

Category: バンコク

tb 0 : comment 2   

作り直しますかぁ? 

日本人 『すみませんが、日本の新聞は何処で売っていますか?』
タイ人A 『あぁ。向こうで売ってるよ。』

とことこ歩く。。。

日本人 『すみませんが、日本の新聞は何処で売っていますか?』
タイ人B 『あぁ。逆だよ。向こうで売ってるよ。』

とことこ戻る。。。

日本人 『すみませんが、日本の新聞はこっちで売っているって聞きましたが。。。』
タイ人A 『知らないよ。』

だったら最初から言えってぇ怒っていた時代も有ったが、もう慣れた。
聞いた俺の方が悪いと思うようにした。

タイも経済発展で、不自由無い生活者が多くなったと感じる。
アメリカの有名なファーストフード店も年々店舗数も増やしている。

俺の勝手な解釈なら誤るが、店員のお客への対応方法もマニュアル化されて、世界で共通化されているのではないのか?

この国では、守られていないぞぉ。
慣れたとは言え、どうしても怒りに達する場に遭遇する。

ついこの間、有名なフライドチキンの店に入った。

俺は昼前にその日は入った。
休日だったので、チキンバーガーを注文し、帰宅してからラオスで買ったコーヒー豆で美味しいコーヒーを入れて食べようと思っていた。

運悪く、作り置きが無かったので、店員から4分ほど待ってくれと言われた。
当然俺は快諾して待った。

数分してから紙箱に入った”らしき”物が厨房から棚に入れられ、俺の注文したチキンバーガーだと思った。
店員は他の客の対応に追われていたので、その時点では催促はしなかった。
しかし、約束の4分は既に超えていた。

客が途切れたところで俺は店員に催促する言葉を発し、同時に棚に有るのがそうじゃないかと顔で合図をした。

それを知ったか否かは不明だが、店員は再び厨房へ行き、戻って来て、あと2分待ってくれと言う。
この時点で、俺は切れ掛かっていた。

きっちり2分後に、俺は再度催促した。
店員は、三度厨房に入ったかと思うと直ぐに出てきて、さっきの棚の紙箱を手に取ると袋に入れて俺に差し出すではないかっ!

俺は我慢できずに切れたっ!

『それは出来てからどれくらい経ったか知らないのかっ!?』
『既に棚に有ったのはお前も知っていただろう!』


それを受けて店員が俺に言った言葉に、倒れそうになった。。。。

『作り直しますかぁ?』

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 2   

来るもんかぁ! 

俺はタイ人と会話が出来るようになってから喜びも悲しみも増えた。

酒は飲まれてはいけない。丁度良く俺も飲んでいる。
酒を飲めば気分も良くなり会話も弾む。

俺が飲む酒は、相手の話を聞くスタイルに導いてくれる。
特に相手がタイ人の場合は、そういう事になる。

やはり、タイ人が考える事を知りたいのだ。
子供の頃の思い出や将来の自身の夢や希望など俺は知りたい。
そして自分が生きて来た事と重ね合わせて、哀愁に浸る時もある。

ある日、タイ人から教えてもらった店に日本人の友人と行った。
そこは、多くの日本人が『あ~ぁ。夜の商売の女性が多く住む通りね。』と言われる地域だ。
内装は品疎。場末の雰囲気に溢れてる。そんな店だ。

その通りまでくれば、流石に日本人駐在員が足を伸ばす場所では無いが、ポツポツとネオンが光る。

その店は、カラオケと言われるスタイルではあるが、お客は滅多に歌わない。
店に入る前にホステスを選び、酒を飲み会話を楽しむ。
そこは、もう開店して十年を超えるようだが、過去に日本人は数組しか来ていない。
最初に行った時にチーママは、そう言って我々を迎い入れてくれた。

ホステスは、当時に流行りだしたコヨーテの身嗜みで飾っている。
チョット太った体つきだと、お客は選んでくれない厳しい競争社会だ。

酒のメニューは大瓶のビールと数種類のボトルウィスキー。
最も高価でも千バーツはしない。
高級店とは異なり、ボトルキープなどといったシステムは無い。
飲み切りか、持ち帰りだ。。。ボトルだぞぉ!女じゃない。

俺はAちゃん友人はBちゃんを選んだ。
驚く事に見栄えは素晴らしい。
あえてここで言っとくが、タニヤにタイの美人が集まっていると思っちゃぁ困るよ。
それは、大きな間違いだぁ。

4人で飲み始めた俺達の会話は飲む量と共に弾んだ。
その内Bチャンが『お腹空いたぁ~』と言いだした。
そう、隣のタイ飯屋のメニューが有るのだ。

実は、我々はこの時点で2回ほど過去に来ていた。
最初の来店時には、料金システムも聞き、全て把握をしていた。
その時には2時間程居て、二人で勘定が2000B足らずだった。
そして2回目の訪問時には、2500B余りと微妙に高くなっていたが、余り気にしてはいなかった。

さて、Bちゃんの声にAちゃんも同調し、ゴロニャン攻撃に我々の防御壁も崩壊してしまった。
崩壊したと感じるとタイ人は更に攻撃の手を緩めない。
生かさず殺さず程度に抑えてくれたら、まだお客として来る可能性があるのに。。。
もう客そっちのけで、メニューに噛り付いている。
そうか、そういえば前回も何か注文された記憶が蘇った。

暫くして、料理が運ばれて来た。
テーブルにいっぱいになった料理にご満悦なご両名は、パクパクと食べ始めた。
今回は摘みでは無い。スープ付きの食事だ。
時間は21時半。

『夕ご飯は食べたんだろう?』
『これが夕飯 カー』
『お前もか?』
『カー』

何で客がお前らのの面倒をみなきゃいけないんだぁ?

一気にシラケタ。。。気分が悪い!
『お勘定!チェックビ~ン!』

何?3200B?

ん??また値段が微妙に上がりやがったなぁ?許せねぇ!

『また来てねぇ カー』

来るもん。。。カー!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: バンコク

tb 0 : comment 0   

絶対教えない! 

俺がブログを始めた理由は、15年住むタイでの出来事を書き綴ろうと思ったからだ。

酒が好き。。というか俺は、それを通じて会話をする事を好む。
タニヤから始まり現在はパタヤに出没する。

会話が楽しくない所へ行かなくなった事も意味する。

道端を歩いていて『社長!』とか『あなたぁ~』などとオネーさん達が呼んでも、な~んにも興味は無くなった。
いや、むしろ”ウザイ”

日本人かぶれした店を避けて、タイ人がメインの客の店へ行った事もある。
しかし、馴染みになるにつれて、何故か少しずつ勘定が高くなっていく。

そうなれば、どうのこうのって言う気にもならない。
ただ、去るのみ!

ブログをスタートしてから、多くのサイトを見た。
特に男はネーちゃん絡みが多いねぇ~。

俺は、気に入った所は、絶対にブログでは教えない!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: 未分類

tb 0 : comment 4   

頼むから下痢止めの薬をくれぇ! 

これだけタイに居れば、俺も流石に下痢をしなくなった。
体の防衛体制がタイに備わったのだ。パトリオットも備わってるぞぉ~。
普通に気を使って食事する分には、何ら問題ない。

ただ、蟹入りソムタムだけはダメだな。拒否だ。
だけど、生牡蠣は今までにダイブ食べた。
生海老も、つい先日食べた。
しかし、俺の胃と腸は快調そのものだぁ。はっはっ!

ところで、俺の友人が先日に下痢になった。
在タイ以来、日々膨れていく彼の腹を拝む度、起き上がり小法師に近付いているので、
少しは下痢になってでも痩せた方が良いのではないかと思っていたところだった。



彼は、職業上の付き合いが多いので、外食が多くダイエットが難しい。

しかぁ~し、『頻繁にトイレに駆け込み、外に出れない』と泣きの電話が入ったので、
ここは、俺が薬を買いに行く事にした。

最近は体調が絶好調だし、俺は薬屋に行くのは久々だった。
バイクタクシーに乗り、『薬屋往復なぁ。頼むぜぇ!』って感じで走った。

俺が薬屋に入ると、従業員のオバちゃんが一人椅子に座り、ソムタムを食っている。
なぁーンだ?客かぁ?ってぇ顔して俺を見上げた。

デパートなどでも何故タイ人は売り場の隅っこで飯を食うのだ?
香り良い化粧品コーナーを歩いていて、タイ飯独特の匂いがフ~~ンと鼻先に来る時には、
本当に、バァーローーーッ!と叫びたくなる。

まぁいい。話は戻るが、俺は、こういった店員は、どうしても信用できない。
しかし、友人が下から水しか出ない状況で苦しんでいると思えば、俺はツタナイタイ語では有るが、必死に説明すると同時に、ジェスチャー混じりで、『お尻からジャーーって水が出るんだ』ってと訴えた。

パイホンナム ボイボイってぇ事も何度も繰り返したぁっ!

一日でデブから痩せになったってぇ冗談まで言ったぁっ!

店員はふと、目の前から薬をヒョイと選んだ。

『ん?チョットごめんね。それ幾ら?』
『65バーツ カー』

えぇ???これだけ必死に訴えて何で??
普通は、それじゃぁって後ろの棚から、何とかの抗生物質とかバリバリに効くような薬を選んでくれるんじゃないのかなぁ~君ぃ?ん?

『これ何の薬?』
『胃の薬 カー』

うムム。。。。

病んでいるのは腸だぁー。バァーローーーッ!

頼むから下痢止めの薬をくれぇーーーーーーーーーー!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 2   

青汁と思ったが違った!が、結構いいぜ! 

写真をみてくれぇ!
今日の朝に俺の部屋から撮った写真だぁ。

綺麗な青空でスカッとする良い気候になったぞぉ!



俺も最近は、スカッと気分良く朝起きる。

丁度2年前位に、俺は結構重い病気に苦しんだ。
その病気の特徴は、微熱と倦怠感。
微熱は俺も長い人生、充分経験済だぁ。

しかし、倦怠感とは言葉では聞いてはいたが、これ程のものであるとは知らなかった。
ベットから起き上がれないのだ。力も気力も出てこない。本当に辛かった。。。
それから約1年間、俺は無駄な時間を過ごしてしまった。

俺はその時点で年も大台を超えた時期でもあり、健康に気を付けるようになった。

だからと言って、独り身では自炊にも限界がある。
毎日、リポってぇ訳にもいかない。

タイの土木労働者諸君が飲む有名なドリンクだって、道端で拝見する全く気力もやる気も無い働きぶりを見ると買って飲む気にもならない。

そこで俺は、毎日野菜ジュースを飲むことにした。
ただ、輸入物のV何とかというのは手が出ない。
タイ産に頼るしかない。。。毎日飲み続けた。
確かに悪くはない。しかぁ~し、何かしっくりこない。

そんな時に、俺は見つけた!
これは青汁だと勝手に勘違いして買った。



でも違ったぁっ!

青いドロドロした感じだったのになぁ。。。とガッカリしたのだが。。
何と、これを毎日飲んでいると、良いではないか。。
俺はこの会社の回しものでは無い。
宣伝染みた事も嫌いだが、日夜働いて、終いには行きたくも無い接待に奮闘している日本人戦士には、健康に留意して欲しい。

体を壊してはナラナイ!
スカッとして朝日を拝もうではないかっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: タイ

tb 0 : comment 2   

消えていったビール達 

俺がタイに来て最初に住んだのは、スクンビットのソイ4だった。
そこは俺の意思ではない。当時の会社の日本人全てが暮らしていた為に、いわば半強制的に住む事になった。
そう、ナナの有る路地だからって狙い撃ちしたわけではない。

今からは考えられないだろうが、日本人にとっては、暮らしやすい地域であった。

ソイ4からはソイ6を通り、ソイ8に抜けられる細い路地があった。
しかもソイ8には2件の居酒屋があった。
もちろん、立派な日本人をお客とした居酒屋だ。そのうち一軒は、『まぐろ屋』って名前だったと記憶しているが、正確ではない。。。。
その近くには、ショボイがカラオケも2店舗あった。
ん~本当にショボカッタなぁ。

ソイ4からスクンビットを横断すると、そこには3件。。。いやもう少し有ったかなぁ?
やはり、居酒屋が有った。今も当時を引き継いだ店が一軒ある。当時は『おちょこ』ってぇ名前だった。
そこが、俺にとって初めてタイに来て入った店でもあった。

当時は、近辺に日本人は多く居た。まだBTSの建設も始まっていない時代だったので、高速に容易に入るには非常に都合のよい立地だった。

俺は、その後も『おちょこ』には通った。
当時は、今も残っている『花子』のように、従業員が一緒に飲んでくれるスタイルで楽しかった。

仕事上がり一杯で飲むのはビールだが、当時は日本の居酒屋では誰もがクロスタービールを注文していた。

俺はタイではクロスタービールと信じ切っていた。勿論、シンハービールの存在は知っていた。
決してシンハーがマズイとは思わなかったが、恐らくどこか気取った気分でチョット高いビールを注文していたのだ。


その当時はタイ人にとって、ビールは酔うにはコストパフォーマンスが悪い酒だった。少し安いシンハーの方が粘り腰で残って、特に日本人に受け入れられてるだけのクロスターは消える事となった。



シンハーゴールドは、小瓶しか無かった。シンゴーという愛称で呼ばれ、スーパーの片隅にあった。
シンハーのプレミアム版のビールで、俺は家ではこれを飲んでいた。
ホップの味と香りが良くて愛飲していたのだが、やはりタイ人には手がでなかったのだろう。

そういえば、カールスバーグも有ったなぁ~。忘れるところだった。

俺のタイ生活の最初を支えてくれ、同僚と居酒屋で話す苦労話を美味しいビールが癒してくれたぁ~。

今日も元気にビールを飲もう!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: タイ

tb 0 : comment 2   

バンコクの日本食は美味しいぜ! 

タイに居ても多くの日本人の友人を得る。
数年前から友人の友人として紹介された日本人は、主に日本料理店に出入りする営業を仕事としている。
もう在タイも長くなるので、入れ替わりの激しい業界事情は、よく知っている。
こう日本食屋が乱立しては、厳しい経営者も居ると推測する。

笑ってはイケナイ事もあるが、一緒に酒を飲んだ時には、お互いの業界話に花が咲く。
彼も俺も、酒は好きだが、彼は顔が赤くなって、それから次第に睡魔に襲われ船を漕ぐ。

先日はラーメンの話になった。俺もお気に入りの店は2か所ある。
今は、タイはラーメンブームだなぁ。
日本人だけじゃない。タイ人もお客として多い。

実は、過去にもラーメンブームがあった。
その時は、バンコクの日本人社会だけでの小さな世界だった。
しかし、その時代から生き残っているのは腰をすえて頑張っている店だけだ。

残念ながら消え去って行く店には共通点があるように感じる。

昔、トンローの一角で、ラーメン屋がオープンした。
それまでもラーメン屋はオープンしては消えるという事象は多くあった。
個人的にはエカマイにあった東○ラーメンは、好きだったなぁ。
決して称賛はしないが個性があった。

しかし、そのトンローのラーメン屋は美味しかった。
俺は、タイでラーメンを食し、初めて納得がいったラーメンだった。
そう思ったのは、俺だけでは無かった。事実、次第に支店を増すまでにもなった。
タニヤ近くにも大きな店を構える程に成長した。

だが、そこからその店が消えるまでは、それ程の時間は要しなかった。
そうだぁ。調子に乗りすぎて??崩れたというわけだぁろうと思う。
それだけ、日本人一人で出来る事は、この国では難しいという事なのであろうと痛感する。

過去にそういった試練があったからこそ、今があるんだろうと感じる。

本当に、バンコクの日本食は美味しくなった。
これからも頑張ってほしい。

ただ、過去と同じ事を繰り返さないでくれぇ~。
それだけを祈るっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: タイ

tb 0 : comment 2   

10年前のタニヤ画像 season II 

俺もチョット進化した。今日は、サムネイルを使ったぞ。
クリックすれば、デカクなる。
今日はタニヤ画像の第二弾。
昨日の画像も今日の画像も1999年12月の画像だった。正確には約11年前ってぇ事だ。

    

何故、こんな昔の写真を引っ張り出してきたか。。。
俺は、タニヤのネーちゃんにハマっていた事は無い。
しかし赴任で来た当時は、俺にとっては息を休める憩いの場所でもあった。
当時は、全くと言って情報が無く、何かで知った一か所の店だけ、ポツポツと通っていた。
通えば馴染みになり、楽しくなった。

この後、雑誌やインターネットで情報が、あちこちで放たれるとタニヤは一変して行った。。。

俺の息を休める憩いの場も変わって行った。。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: バンコク

tb 0 : comment 0   

10年前のタニヤ画像 

タニヤは俺にとって過去の場所となってしまった。
しかし、タイに来た当時は、色々な意味で随分とお世話になった。
当時からスクンビット界隈には日本人が多く住んでいたが、チョット気のきいた居酒屋となれば、タニヤには敵わなかった。



殆どの店の名前が変わってしまった。



奥のオーガスタという今もある?店へ通っていたものだ。
ユアーズなんか、昔は、こんな所に有ったんだなぁ。



オーガスタ、桜、共に連れ出し不可の店だった。桜には一時、チュラの女子大生も居た!



おぉ~。タニヤプラザだ。二階の焼肉屋は、当時は一番美味しかったと記憶している。
夕方は待ち合わせのメッカだ。今でもそうだろうなぁ。



お食事処神田ねぇ~。懐かしいなぁ~。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: バンコク

tb 0 : comment 2   

干渉は厳禁文化 

俺は、子供のころチョットだけヤンチャだった。
暇が有ったら外で遊んでいた。
鞄を玄関に置いて、速攻で三角ベース。。。いやいやベースは電信柱だったなぁ。
要するに野球をやっていた。
ボールは軟式テニスで使う、フニャフニャゴムボール。
思いっきり窓に当たったってガラスは割れはしない。。。
頭でも屁の河童。

友達を呼ぶには、あだ名。藤田はフッタ。富田はトミ。
そういったガキ連中を近所の人々は暖かく見守ってくれた。
勿論、間違いを犯すとしかってくれたものだぁ。それが普通だった。

ところで、タイでは。。。
先日に、フードコートでの出来事である。。。。

俺は、列に並び順番を待っていた。
後ろにも数人が並んでいる。
そしてあと数人で俺の順番だと思った。。。その瞬間に、十歳に達したか否かの少年が横入りをしてきた。
明らかに店員も行列の全ての人間は、それを目撃している。
俺の頭は一瞬止まり、この状況はどう展開するのか、それを期待した。

何と。。。。。時間は普通に過ぎたのだったっ!!うぅーーー!

店員はガキに応じ、行列も何も無かった如く。。。。

行列はショウガナイとしても、定員はハッキリと『ダメ!チャンと並びなさい』って言うべきじゃないのかぁ?

『タイはオカマに寛容だ』と評する輩が多い。
俺も否定はしない。しかしこの国の人間は良い事と悪い事の見極めはキチンと出来ている。
しかし、他人にそれを指摘する文化に乏しいと俺は感じている。
干渉は厳禁文化ということだなぁ。

勘定は現金の文化もあるなぁ。。。ん!
オヤジギャグだ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑↓俺への励ましだと思って2か所クリック頼むっ!
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 2   

子離れできない親?親離れできない子? 

今日もタイで感じる文化の違いを述べる。個人として考えている事なので、間違っていても批判しないでくれぇ。宜しく!

昔、俺の友人がタイ人女性と結婚した。今は、日本で子供も生まれ、幸せに暮らしている。知り合ったのは、ある飲み屋だった。彼女は、そこでチーママとして働き、友人は彼女に惚れた。

彼がタイで働いていた頃は、良くそこに連れていかれた。彼は酒が飲めない。彼一人が店に行っても売上に貢献できない為に、俺は飲み役ってぇ訳よ。でも、マンザラでは無かった。俺もイッチョマエの独身男だからなぁ。

当時は、あまりタイ語が話せなかったから、旨くもねぇーフルーツ食って良く歌ってたぁ。ウィスキーの摘みにフルーツってどう言う事だぁ~?って田舎者の俺は感じてたっけなぁ。

俺が少しタイ語が話せるようになった時には、横に付くホステスと少しは会話を楽しめるようになった。

しかし、イミジクも、それが俺にとって飲み屋から離れて行く切っ掛けになった。

『田舎には小さな子供を残し、お母さんに面倒を見てもらっているの。毎月5000Bの仕送りもしている。。』という悲しい話を何度聞いた事かぁ!

しかぁ~し。こう何度も聞くと、タイではそれが普通の事なんだと判った。
飲み屋のネーちゃんだから?いやいや違う。よくよく知ると、多かれ少なかれ田舎からクルンテープへ出てきている一般人も同じだぁ。

確かに大変だろうと思う。その大変な親の姿を知って、子供も親を深く愛するのだろう。

それは判る。判るけどぉ~自立してほしいと考えるのは俺だけかぁ?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑俺への励まし↓
タイ・ブログランキング

Category: バンコク

tb 0 : comment 2   

光り物 

俺の友人に、タイ大好きオヤジが居る。年に何回くるのか??3回は来るだろうか。。。しかも来たら一週間程度は滞在する。
そのオヤジが毎回光り物を持ってきては飲み屋のネーちゃんに配る。
そこまでは、良しとしよう。
その後に驚くのだ!

アマゾンの蟻軍団が、数年ぶりの獲物にでも出くわした如く、一斉に集まってくる。壇上で踊っているネーさん達は、降りてこれないから、手を差し伸べて『頂戴』ポーズ。
それが、若い子、おばちゃん問わず。腰にモンモン入っていてファランより茶髪の。。。。しかも世の中に背を向けて過ごしているような強面のネーさんまで争奪戦に加わってくるのだ!



日本だったら有りえねぇ。。。。

この現象は、どう理解したら良いのだ???

純粋な国民性???

ん~それだけじゃ無いなぁ。

今日は、結論無しで終わろう。

土曜日だし。雨だし。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 0   

ブルゥーーン 

俺は営業で車を使う。
結構遠くまで行くから走行距離は、日本に居た時の3倍以上になるかなぁ。
それでも、恐らく商社等の営業の方々から比較すると、チョボッとしたものだと思うなぁ。
それだけ、日本人営業社員の皆様!気を付けてくれぇ!
先日もコラートで、車の事故で日本人が亡くなられている。
しかも、運転手と、もう一人のタイ人は死亡していない。人間は危険を背負った時に、本能で自分を守る。それは、国は関係ない。どの国の人も同じだ。『日本人は優しい』なんて決して褒め言葉で浮かれる事ではないという事を、心に刻んで欲しい。どんな事であれ、それをアクセプトして欲しい。それを訴えたい。
タイ人運転手の中には、スピード狂が多いし、安全運転の基準が我々とは違う。しかも運転手には人の命を預かっているといった認識は感じられない。だから、運転が乱暴だった場合は、遠慮せずに注意してくれぇ!しかも具体的にだっ!『安全運転してくれっ!』って言ったって、基準が違うから判らない。『スピードを100Kに押さえろ!』ってぇ具合だ。命あってこそ、役目を完了して日本に帰国できる訳だからなぁ。重ねて言う!遠慮するな!

写真は親愛なる俺の営業車だ。毎日壊れずに付き合ってくれる。最近は、エアコンの吹き出し口からの風が弱まって、車内は微妙に暑い。タオルを握りしめての運転だぁ。修理は来週の月曜日。もうチョットの辛抱だ。。
さて、この写真で、俺は何を言いたいか。。。大した問題ではないが、俺にとっては非常にイラつく問題なのだ。修理してくれって言いたいのだが、果たしてチャンと直るのだろうか?
実はこれ、ガソリンスタンドで『満タン!』と言ってお金を払ってエンジンをブルゥーーンと掛けた直後のメーターだ。左側の白くてチッこいのがガソリンメーターだぁ。非常に俺には満足できないのだ。便所ですべてを吐き出していない感じ!?ん?違うな。。。なんかスカッとしない。。あぁイラつくぜぇ。かといって何処でも同じだからガソリンスタンドの責任じゃぁ無い。。。ん~何ともやり切れない。車の何かがイカレテル訳だな。。。満タンだったらメーターよ!頼むっ!振り切ってくれっ!その中途半端がイラつくんだぁぁ~。


俺の営業車は、日本車では無い。欧州車でもない。中国車でもインド車でもない。
そうそう、お隣の国の車だ。新車からまだ半年にも満たない。でも折角社長が買ってくれた車だからなぁ。大事に乗るぜぇ。イラつくけどなぁ。
以前に、欧州車に乗った経験がある。ただしマイナーなメーカーだった。この国では、マイナーは不可だ。故障した際に面倒なのだ。日本車が売れるのは、サービス体制が整っているからだと心底感じる。
マイナー車を修理に出して、恐ろしい状況になって返ってきた事がある。
結構前の事なので、どこを修理依頼したのかは失念したが、数日後に車は戻ってきた。日本なら予約さえしていれば、その日には完了するような修理だったと思う。
いつもの車に戻り、安心してその日はアパートに帰った。
アパートは5階までが駐車場で、その日は5階まで上がった。周りはまだ駐車スペースが多く残っていて閑散としている。いつもなら、洒落たJ-POPなる音楽をカーオーディオで聴いて運転するのだが、その日は珍しく俺はラジオを聞いて帰ってきた。そして、お決まりのようにエレベーターに一番近いべスポジに駐車して鍵を戻してドアを閉めた。。。
そしてエレベーターに向かおうとすると、ん?ん?まだエンジン音が聞こえるではないか!
えっーーーーーー?鍵は俺の手の中。だがエンジンが切れていないではないかぁっーーーー。
再び俺はドアを開けた。どうしたらエンジンは止まるのだろうか????ふと目に止まったラジオを切ってみた。。。

止まった。。。。

どんな修理をしたのだ??俺には理解できない。
ラジオを切ったらエンジンが止まる???
こんな匠の技が有るのか??ん?このほうが難しいぞぉ本来ならよ!普通に修理したらそれでいいんだぞぉ。

ちょっと待てよ。。。という事は。。。ラジオをONにしないとエンジンは掛らないのかぁ???

まずは、OFF状態で鍵を差し、回すと。。。シーン。。。。
ん??

ONにして。。。回すと。。。ブルゥーーン。

俺の心はブルゥーー。

俺がタイに来て2年目のある日の事だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 2   

ラーオカーオ 

俺がタイを好きになった理由として、異文化に触れたこと、そして日本文化に通じる何かを感じたこと、それがあったように感じる。

そんなこんなで十数年もの間タイに住んでいる。
昔は日々出会う事が、感激しながら過ごしていた。
しか~し。今は、それも薄れたぁ。俺は普段の日は、会社から真っ直ぐ帰る。
ガキの時のように寄り道などしない。単調な日々だが、それが当たり前だ。
部屋に着いたら、プシュってビールを開ける。最近は、チャーンライトが好みだ。
健康も考えなければならない年齢だからな。

寝るまでは、まだ時間がある。面白くないNHKを見たって暇は潰せない。って~事で、今までは安ウィスキーをチビリと飲んでいた。
俺は基本的にはチャレンジャーだ。イギリスに長期出張した時なんか、スーパーのワイン売り場に並ぶワインの本数の凄さと安さに、『居る間に飲み尽くしてやるぅ~』って思ったもんだ。それは叶わなかったが、それでも結構のんだぜぇ。

最近は、タイ人の同僚の勧めで、ラオカーオをチビリとしている。
臭いというイメージだったが、写真のラオカーオは違う。
アルコール35度となっているが実は40度を超えている。タイ人は、マナオと塩でキュッと飲むらしいが、俺はソーダで割る。これが最高だ。古いフレーズだが『俺のマイブーム』だな。


嬉しいかな。。俺には友人が多い。
しかし、このラオカーオを勧めても誰も振り向いてはくれない。
まぁ嗜好品だからな。ショウガナイ。

先日も、友人が来た。
日本は今、病んでいるらしい。給料が上がらないって泣いている。
だからと言って、仕事はゴマンとあるらしい。
タイに来て発散して日本に帰るのだが、驚く事にカラオケに行かない。
俺の知っている昔の日本人観光客の定番は、カラオケのネーちゃん目的だった。何で行かなくなったのかな??

ところで、カラオケって日本語だという事は判るな。歌手が歌っていないオーケストラだけの事で『空オーケストラ』からできた言葉だったと思う。
そうそう、歌手が地方営業の際に持って行く用に作った物が原点だ。業界用語ってぇ訳だよ。ド田舎にオーケストラ連れて行けないからなぁ。

だったら『A GOGO』の意味は知っているかなぁ???

凄いぞ!聞いたら皆は驚くぞ!俺は笑った。腹抱えて笑った。

「~し放題」という意味だ!

笑えるだろう?食べ放題ってかぁ?

タイ全土に存在する、A GOGO は、何の~し放題何だ?踊りし放題か?冗談じゃねぇ~ぞぉ。踊ってねぇ~もんなぁ。テレンコテレンコと多少動いてるだけだぜ。すんゲー踊りを披露してくれるネーちゃんが居ればなぁ。もう少し通ってもいんだけどな。。。。
とか何とか言っても、チョット飲み足りねぇ時なんか世話になってるから文句ばっかりは言えないがな。それにしても笑える。
クドイが何のし放題何だ?
判らないようで、何か判るぅーーーー!
だから笑えるんだな。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 0   

居酒屋にて 

俺も自慢じゃないがぁ酒を飲む。北国の出身だから若い時は日本酒を良く飲んだ。『毎月1日はボトル原価』とかうたい文句の居酒屋に通い、熱燗を飲んだもんだぁ。二次会のカラオケはスナックで一曲200円。シャガレ声のママさんと、歯がボロボロでタイトスカートがアンマッチィーーの姉さんがカウンターに居て、くだらない俺の話に付き合ってくれたなぁ。給料が出た日は、サントリーの”だるま”を入れるのが嬉しかったぁ。

バンコクでも俺はイッチョ前に居酒屋行ってるぞぉ。
ただ、今の会社は日本人が俺だけだ。日本からの出張者が居ないので大勢で飲む機会は無くなってしまった。
俺は高い居酒屋には行かない。『チェックビーン~』って言って一人1000Bを超えると、その店は俺の選択肢からは消えて行く。

ただし、安い居酒屋へ行くと宴会に遭遇する機会が多い。作業着を着て日焼けの割には左手がやけに白い集団に出くわすのだ。『タイはこうだ、タイ人は、あーだ』ってねぇ。聞こえて来るわけよ~。左胸には会社名が縫い付けられているんだぜぇ。どこもご立派な会社だぁ。俺とは全く違う、お偉い方々だぁ。気持ちは判るけどねぇ。もっとタイに溶け込んでほしいなぁ。と想いにふける。

参考になるかどうか判らないが俺の経験をボヤク。
昔、立派なホテルで開かれた講習会に参加した。良くも悪くもタイ人の考え方と、社員としてどう付き合って行くかの講義を受けた。先生は、日本に留学後、10年以上も日本の企業で働いた経験がある方だった。
タイ人の文化と日本人の文化を両方理解している常識人だった。

色々と聞いたが、頭に今でも残っているのが『タイ人の言い訳』に関してである。これは、日本人からすれば、イラつく難題だな。日本人なら誰でも経験することだぁ。
もちろん、俺も何度頭を突き抜けたか数えきれない。
タイ人は、言われた事をこなす。だから、出来て100%だ。それ以上にはならない。そして100%に満たない場合は上司に、なぜ満たす事ができなかったかの理由を話し、理解を求めるのだ。それがタイ文化だ。理解を得る事が出来なければ必死になる。この事が日本人から見ると『言い訳』になる訳だ。

この文化は、子供の頃から親から伝えられ、そして学校でも伝えられるという。
親から言われた事は必死にこなし、先生から教わる事は必死に覚えるという文化が有るということで育ってきているのだ。それを日本人には理解してほしいなぁ。

逆に言えば、教わる以外は知らないという事にもつながる。
難関を乗り越えて日本企業に勤めるタイ人は、優秀な国立大学を卒業した人達が多い。俺もかつては、そういった人を部下に持った事がある。英語は上手。計算も速い。しかし教養が無い。
当時は、タイ人にタイを知る為に色々と質問したものだぁ。
『美味しいタイ料理屋はどこ?』『プーケットは海綺麗?』。。。。などなど。。。
しかし、まともな、適切な、明確なぁぁぁぁっ!答えは聞いた事が無い。

『日本で一番高い山は何?』で答えられない日本人は居ない。いやしないぜぇぇ。『タイで一番高い山は何?』で答えられるタイ人が居ないのだ。自分の故郷を愛してぇ~いないのかい?
こんな例もあったなぁ~。
当時、友人であり同僚だった日本人の部下に、私立の優秀な大学を卒業して入社した男が居た。お坊ちゃんで、非常に愛嬌があって人気者だった。
しかし、顔つきは下顎が出て、関西系のお笑い芸人のようだった。そいつに友人が、冗談でイースター島の『モアイ像』の写真を見せて、『お前に似てるなぁ』って言った。

なんと返ってきた言葉が『これ何ですか?』
驚く事に、『モアイ像』を知らない!見た事すら無いのだ!

友人の冗談は思いっきりスベッタァ~~~~~のである。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 0   

レスキューのステッカーを見て想う事 

大渋滞、縦横無尽のバイクをすり抜けて俺は毎日車を運転する。赴任時代から変わらない。当時はバンナートラッド沿いのビルに通っていた。高脚の高速も無かった。それだけでは無い、アウターリングやモートウェイさえ無かった。だからチョンブリ方向からは大挙してバンナートラッドに車が流れ込むので、帰宅には苦労したもんだ。社員送迎改造バスが大音響と猛スピードで走るし、Uターンはあるしで、危険そのものの道路だった。記憶は定かでは無いが、当時は事故が一番多い通りだったと思う。

ところで、写真の黒丸の部分を見てくれ。カメラの性能は悪いし、小さくて判り辛く申し訳ない。
特にピックアップトラックに張り付けてあるのを目にする。これを良く見てみると、黄色い繋ぎの服を着た兄ちゃんが、気を失った色白のスレンダーオネーちゃんを抱きかかえているステッカーだ。
実は、その背中にはレスキュー隊のマークが見える。
民間のボランティア??レスキュー隊だ。

恐らく、ステッカーの売上金で遣り繰りしてるのだろう。ん~泣けるね。俺も買おう。。。車に貼んないけどな。

このレスキュー隊の急行する姿を何度か見た事がある。渋滞の中の隙間を縫うようにして前進していた。しかし、日本のように道を譲ろうにも誰も何も出来ない。

そんな姿を見ていると、安全運転にも更に身が入る思いだ。。。。

判ったかっ!タクシーの運ちゃんよ!お前らが一番迷惑をかけている本人なんだぞっ!ステッカー1枚じゃ足りん!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: バンコク

tb 0 : comment 2   

直ぐ其処の先に何が待っているか判らない街 

時には俺も街をぶらつく。屋台でガイヤーンを買うのが一つの楽しみだ。30分程度ぶらつくと、一通りの店が目に入ってくる。日本と違って本屋が無いねぇ。本を読んで教養を深めるとか、他人の考え方などを参考にする気はないのかぁっ!と俺は言いたい! そしてもう一つ、不思議に感じる事が有る。『何で鍵のコピー屋がこんなに多いのだ?』感じないかな?スーパーなんか行ったら必ず有るぞ!エンポリさえも地下に行ったら片隅に店を構えているぞ。それだけ需要が有るということだろうが、何で??何でコピーをする機会が多いのだ?
何か物騒な事を想像してしまう。判る人は俺に教えてくれ!

ところで、先週にパタヤへ行ってきた。
今の俺を癒してくれる唯一の街だ。
BTSもねぇ~!エンポリもねぇ~!地下鉄なんかみだごどねぇ~。ってな。今や演歌歌手になった輩が歌いそうだけど、俺はそんな時にタイに来た。
その時は、バンコクに癒されたものだった。その時のボヤキも、そのうちにブログに残そうと思っている。

話は戻るが、直前にパタヤを訪れた俺の友人が、セカンドロードの他よりレートが良いと言われる所で両替をした後に乗ったソンテウの車中で後から乗ってきたおばちゃん軍団に3万をスラれたと聞いていた。
かつて、バンコクでスリには2度も出くわした俺なので注意はしていた。。。

俺は、ホテルを出た後に、近くのコンビニでマルボロシーデーンを買った。ソンテウに乗る場合は、細かいジャラ賎が無いと迷惑かけるからなぁ。パタヤのエチケットだ。
パタヤのソンテウは外国人がぶらついていると、やたらとクラクションを鳴らしてくる。『乗らない??』ってぇ事だろうなぁ。立ちんぼもゴーゴーねーちゃんも、クラクション持ち歩いたらいんじゃねーのかぁっ??ってぇ冗談はそこそこに、俺はソンテウに乗った。

少しして、3人か4人のおばちゃんが乗ってきた。それまでは、乗客は俺一人だった。目の前に一人。残りは、俺にピッタリとくっついて座った。俺は右の隅っこに座る事となった。そして、目の前のおばちゃんが、最後に乗ったおばちゃんと大声で話しだした。そこで直ぐに俺は友人のスリの話を思い出した。運良く財布が入ったバックは俺の膝の上。俺の手でしっかりと押さえた。だが!ポッケには少しの札とジャラ賎があるぅっ!俺は必死に札が幾ら有ったか思い出そうと考えた。右ポッケは隅っこであるからスラれない。左ポッケは。。。そうだ!さっきのコンビニでマルボロシーデーンを買ったときに400Bあったのを思い出した。。。。。残りは100B札3枚とジャラ賎。

そこで俺は300Bを捨てる覚悟をした。もし本当におばちゃん軍団がスリだったら技術はどれ程のものか知りたくなった。俺はチョットダブついたGパン。決して抜き取るには簡単ではない。
ソンテウはセカンドロードを北上した。セントラルとの交差点を過ぎて俺の目的地のバービアがある所まで5分弱の道のりだった。ストップのブザーを鳴らし、緊張して俺は降りた。そして左ポケットに手を入れると。。。。無いっ!俺は、車中全神経を左ポケットに集中した。それは本当だ。それでも判らないくらいの技術である事が判った。流石だ。
ついこの間は、ファランが10万Bを同じようなおばちゃん軍団にソンテウでスラれたとニュースに出ていた。。
このブログを読んだ運の良い皆様っ!バンコクやパタヤなどの人混みでは気を付けてくれっ。
おばちゃんスリ軍団に言いたい!!
俺は貧乏なんだっ!顔だって身なりだって貧民だぞぉ~10万とか3万とかポッケに入っている人がウラヤマシィーーーーーー!

その後入ったバービアでチップをケチったら、キーニヨ~フッフン~って言われたよぉーーー!
ワレェ~

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: パタヤ

tb 0 : comment 0   

困った時の”ワイ”頼み 

初めてタイに来た時に、ワイ(合掌)をするタイ人の身のこなしの美しさに敬虔な気持ちを持ったもんだ。いや、決して今もその気持ちは変わりはない。

俺はワイをしないタイ人を見た事が無い。ただ、ただだぁっ。長く住めば、疑問も湧いて来るという訳である。今日は、そんなボヤキだ。暇だったら聞いてくれ。

先日に、こんなニュースを読んだ。警察がナナ付近の物乞いを一掃した所、71人を逮捕したようだ。中には偽坊主まで居たとの事。

これなんだよ。俺がボヤキたいのはなぁ。

施しを受ける事や徳を積むことはタイ文化だから否定はしない。それで幸せを掴めば良いと思うが、ワイをして施しを受けた際に、きちんと施しをしてくれた人の心を判ってほしいなぁ。施しを受けて『しめしめ』と思って人混みに通い続けてる輩が居るのではないか?ってぇ事よ。

そんな事に”ワイ”を使って欲しくはないぜ!

ちょっと話は変わるが、暇だったらもう少し付き合ってくれ。。。

今勤めている会社は事務所と工場とは違う場所に存在する。その間は百数十キロ離れている。チョット遠いな。用事があってタイ人の同僚と行くことも時には有る。真面目なサラリーマンだからなぁ。

優しい同僚は長距離の運転をいつも引き受けてくれる。

だがだっ!だがそこで俺には理解のできない”ワイ”に遭遇するのだ。毎回だっ!

工場に到着するまでに、少し大きな橋を渡る。橋の下は当然のことに茶色の川が流れている。

そこはバンコクの雑踏を抜けて暫く経った田舎の風景が続く田舎道。だからと言って、先には幾つかの工業団地を控えているので、ボコボコながらも広い道だぁ。

所々には息果てたワンコロの死骸も転がっているタイの良くある風景だ。

さて、橋の中間点に差し掛かると川沿いに立派なお寺が見えてくる。そこで必ず同僚は美しく寺に向かって”ワイ”をする。

俺はこの”ワイ”の意味が判らないのだぁ~!

おい!貴様!今、何キロで走っていると思っているのだっ!ん?ん?140㌔だぞぉっ!おい・おい・ハンドルから手を放すなぁ!ワイをしたいのは理解する。さぞかし有名な寺なんだろう。

しかし、俺は”ワイ”をしないけれど、制限速度は守るぞ!そっちが大事じゃないのかぁ?君ぃ~。ハンドルから手も放さないぞぉ!

貴様も”ワイ”をする心があるのだったら制限速度を守れ!

あっ!警察だぁっ~!あっ!捕まったぁ~。

えっ??何っ!?100B出してくれってか???

何で俺が払うのだぁーーーーっ!!!俺に向かってワイをするなっ!スッヨーーーー!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 0   

パタヤで散歩は如何ですか。 

http://www.pattayaphotoguide.com/nightlife
上記のサイトを開いて、スクロールで最下部を見てください。ん~パタヤ好きには素晴らしい。バーチャル散歩ができるんですよ。一見あれ!
いくらパタヤ好きでも、中々隅々まで歩きまわる事できないよねぇ。クソ熱いしなぁ。
チョット写真は古いかもね。まぁそこは充分許せる!拙者も時々散歩させてもらっているぞっ!

ところで、このパタヤでゴーゴーバー何件あるか知っているかな?今日現在で73件だ。73件だぞ!1店20人の踊り子に10人のウエイトレス5人のボーイが居たとして2500人以上が働いていることになる。凄い!!拙者が中学の頃、生徒数は2000人弱だった。全校集会なんて有った日にゃぁ体育館の床が抜けるんじゃないかの凄い人数に感じたものだった。
それを考えるとパタヤは凄い!

パタヤの”それ関係”で思い出した出来事を最後に。。。
拙者は昔、神奈川県に住んでいた。相模川に少し近かったなぁ。懐かしいなぁ。友人の車で出かけた時だった。相模川に掛る橋を渡って向こう側に行こうと橋に差し掛かったその時に、向こう側に建つ店の看板が目に飛び込んできたっ!一瞬わっ!って驚いて、直ぐに勘違いと気が付いて何だぁ~と落ち着いたのですが。。。その看板に書かれていた店の名は。
『ザ・ラーメン』
拙者は一瞬ラの字が目に入らなかった!
変な名前をつけるなぁ~!!ラーメン食いたくなくなるじゃないか!   ワレェ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: パタヤ

tb 0 : comment 0   

日本人の矛盾だとぉ? 

『朝、会社に遅刻してくるな!って日本人は煩いよな~。時間に厳しいくせに何で終業時間過ぎても会社にダラダラ残ってんだよぉ。矛盾してるじゃないか』ってタイ人から言われた事があります。ん~それも一利あるな。。。って事にはならないんだよぉ。ワレ~。
遅刻して来るくせに、終業時間になったらさっさと帰る。それがタイ文化。
しかし!間違っちゃぁ困るぜ~すっとこどっとい。日本人は、時間に厳しいから遅刻するなと言っているのじゃないっ!約束を守れという事に厳しいのだぁ~。
遅くまで仕事をするのも、その日に済ませようと誓った自分との約束を果たしてるのだぁぁっ!判ったかワレ~。
でもね。日本人サラリーマン諸君。もうチョット早く帰ろうね。

昔、こんな事がありました。
タイ人にお金を貸しました。多額では有りませんので、当然返済日は口約束。
返済日になっても戻ってくる様子が無いので、連絡すると『返すお金が無い』との返事。
『約束でショ』って切り返すと、返す刀で『お金が無いのにどうしてそういう事言うのぉ!』って怒られた。
えぇぇーーーーー?俺が悪いの?

ところで俺かぁ?
時間には厳しいに決まってるだろう。当たり前だぁ~。約束は守るぜ!
その日に出来ることは。。。。する。残業までしなければならない事は、計画には無い!
当たり前だ!17時で帰る。自分には甘いからな!
ワレェ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: タイ文化

tb 0 : comment 0   

日本語OKタクシー 

Photo-0003.jpg
良く見てくれ!車の後部ドアーに『日本語OK』の文字が有るのが判るかな?ホー。チョット驚きじゃないか!ん~良いでないかねぇ。期待持てるよ。君ぃ~。
タイ国内では、車に日本語のステッカーを貼っているのは良く見かけるな。『柿本』なんか良く見かけるし、日本語になっていない、まぁそんなステッカーも多いなぁ。日本語判りませんって恥かいているんだけどな。流行りだからな。ボヤキも程々ってところかな。

ところで、今までタクシーに乗って、流暢な日本語を話す運ちゃんには、一度だけ遭遇した事がある。その時は、顎が落ちたもんだ。どってんこいたってなぁ。
40歳を過ぎた女性だったな。小柄でパリパリと仕事をこなしてた印象が残っている。日本語を活かした仕事をしたいって言ってたっけなぁ。その時代は、通貨危機の直後だったんで、建設途中のビルが、総じてストップして、骨だらけのビルが目立った時代だった。ナナ駅近くの骨ビルも、十数年ぶりに建設再開したようだな。結構な時代だぁ。喜ばしい。

ところでだっ!このタクシー。運転席のドアーにも日本語が書かれてあった。写真を拡大して見てくれ。
それに俺は笑ってしまった。『ジョニーTAXI』って書いてるじゃないかぁっ。
タイ人のチューレーンで、ジョニーだとぉーーーーっ?有りえねぇぇぇぇ~っ!嘘つけぇ!
折角の期待がジョニーで台無しだぜ。アホかっ!
怪しいな。
誰か電話してくれぇ。利用結果待つ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: バンコク

tb 0 : comment 4   

スリにご用心 

はじめまして。
タイに住み始めて15年になりますが、タイは多くの問題を抱えていますね。コソ泥やスリが多いですよ。
小生は、この15年間で3回スリに出くわしています。
一度目はナナ。二度目はカーボーイ。三度目はパタヤです。
ゴーゴーの有る所に出没??いやいや。そんな所が好きなものですから。。。
手口は、立ち止まる状況や座っている状況で発生します。
予防策は、ポケットに貴重品は入れない事。
簡単に開けられない鞄を持つ事。
それが大事だね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
タイ・ブログランキング

Category: タイ

tb 0 : comment 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。