10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : comment --   

苦手なタイプの日本人 その弐 

20120719_01.jpg

彼の顔は、こんな感じ。。。

日本での震災。。。
そして、タイの洪水。。。

こういった時には、商売に繋がる事が起こる。

そういった、命を受けてバンコクに赴任して来たAさん。

60歳代前半。

”定年まで数年。もうひと花咲かせますよ!しゅんさん!”
と!御国訛りで語る。

その訛りは。。。
東北では無く、関東でもなく。。。

恐らく関西界隈。
誰しもが知る、一流商社の社員。

でも。。。
普通、この年ならば事務所でドカンと座る社長さんなのに。。。
何故か腰が低い。

オーラが無い。
厳しい仕事を遣り抜いてきたといった落ち着きが無い。

”しゅんさん!ご存知、我社は大手の車メーカーとのパイプが太く。。云々。。。云々”

俺は、真剣に聞いた。

”ちなみに、○○は何処で生産しているのですか?”
と!俺が聞くとっ!

”○○県です”
だとっ!

ん?
今まで真剣に聞いた話は、全て日本での事かぁ?

おのれぇ~
此処はタイだぁ!
此処で延々と日本での話をしてどうするのだぁ~

なにをピントのずれた話をしているのだぁ!

そして、次に出て来た言葉が。。。

”早速ですが、御社の工場見学をさせていただけませんか?”
だとっ!

ちなみに。。。
ローカルの会社だけなのかどうか?判らないが、俺が勤務する会社の社長は、商社単独に対しては基本的に工場を見せない。
お客さんを連れてきた場合は別。

恐らく、今Aさんに工場を見せても何も判らないと思った俺は。。。

”実際に、タイの市場や現状がどうなっているか少し把握されてからの方がベストかと”
と!俺は切り返した。

すると。。。

”いや~しゅんさん!卵が先か鶏が先かじゃないんですが。。。。云々。。。。云々”
工場を見るのが先決だと譲らない。

うわぁ~
来た!来た!来たぁ~!

卵と鶏論者だぁ!
うざい!

自分で自分の首を閉めるタイプの人間。

もう、この時点で、俺は。。。
”こういったタイプは駄目だなぁ~”
と!感じた。

よっしゃぁ!
そこまでウダウダ言うのであればぁ~
面倒なので。。。
希望通りに工場見学に招待する事にっ!

だいたいだな。。。
卵と鶏論者は、餌をちらつかせて自身の要求を達成しようとする手法事態が嫌いだ。
卵が工場見学だったら、鶏を求められる事も想定されるだろう。。。普通は。
いいのかぁ?

俺としては漠然と見せるより、ターゲットをある程度絞った中で見せたいのだ。

俺はっ!
言葉にしないが、タイの現状を知らずして見ても、何を質問すれば良いか、何をポイントにするかわかりゃしないだろう。
と!思った訳だぁ~

内心、”今の、この人へ見せても無駄”とも感じている。

そして、実際に工場見学へ招待したものの。。。
質問はでてくるもののチンプンカンプンの内容。

駄目だこりゃ~

そして。。。
それから約半年過ぎた今。。。

どうなったか。。。

時々来るAさんからのメールの冒頭には。。。

”お願いばかりでお役に立てず大変恐縮しております。”

の!文章が。。。
こんなメール、受け取りたくはないよなぁ~

はぁ。。。
メールを受け取る度に思う。。。

俺はっ!

卵だぁ~
鶏だぁ~

なんかクドクド言わず。。。
無理矢理自分の意見を通さず。。。
人の話にも耳を傾け。。。

正直に腹を割って話してくれる人が。。。

好きだなぁ!

ランキングに参加しております。
貴方のワンクリックが明日の記事の励みになります。
どうか私のようなオヤジにも力を下さい。 m(。-_-。)m お願いしますっ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
(にほんブログ村) (にほんブログ村)
タイ・ブログランキング 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category: タイの日本人文化

tb 0 : comment 2   

現地採用者の強みとは 

俺は、運良くローカルの会社に就職できた。

と!聞いてっ!
多くのタイ現地採用日本人がっ!

何故に運良くなのか判らないと思う。

殆どの方が日系企業で働いていて殆どの方が日系企業に勤めたいと感じていると思う。

俺もそうだったから。

何故か、日系企業に入ってタイ人と赴任者との間に入って会社を盛り上げたいと。。。
それが出来るのが現地採用だと。。。

俺も、そう考えた。

しかし!
俺が赴任者に説いたタイ文化などは、現実的には無視された。

むしろ、日本人文化に驚き揺れ動くタイ人の為に奮闘した。

ここはタイ。
しかし日本企業。

多くの日本企業は日本文化的な仕事をタイ人に求める。

押しつける場合も多い。

現地化という言葉は乱れ飛ぶが、実質は日本化。

しかも現地採用者には。。。
”いや~タイ人からの反発もあるので、数倍の給料を払うにはマネージャーとして。。。”
などと言われる。

何故タイ人の目を気にするのか気分が悪い。
違うのが当り前だろうと何故に言えないのか!

そんな俺がローカル企業に入った。

社長曰く。。。
君は日本人だからタイ人とは異なる給与体系にする!
と!言ってくれた。

それは、明らかにキャリアの内容が違うから。

社長が言うから従業員は納得。

しかも!
日本人は俺1人。

コミニケーション?
それは日本企業に居た時と似たり寄ったり。

むしろタイ人は応援してくれる。

そして、大きく違うのは、俺しかできない仕事が確実に有ると言う事。
日本人は俺一人だから。

タイ人とは全く異なる武器を持っている。

流暢な日本語を話すタイ人でも不可能な日本人との付き合い方、交渉の仕方、友人、知り合いを持っている。

それを大いに発揮できる環境が有る。

何故か俺は、ローカル企業に入ってから気が付いた。

本来は日系だろうがローカルだろうが、そんな事は関係ない。

日本人の強みは何か?

貴方自身の強みは何か?

現地採用の強みは何か?

決して赴任者とタイ人の間に入るのだけが現地採用の強みではないはずっ!

今一度、自分自身に問いかけてみては如何だろうか?

クリック宜しく!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村ランキング参加中

タイ・ブログランキング

Category: タイの日本人文化

tb 0 : comment 0   

Siam@Siamで秋田県人会 

俺が十数年タイで生活し、色々な人と出会って来たが、秋田県人と出会った事は非常に少ない。

確かに出会った人全てに出身地を聞いている訳ではないけれど、御国訛りで判るのだ。

もう数十年、秋田を離れて生活している人でも、そしてその方が標準語を話していたとしても、時々出て来るイントネーションで、東北以北の出身である事を、俺は見抜ける。

しかし、タイでは東北人や道産子は少ない。

まして、秋田県人などに出会う事は少ない。。。

バンコクに秋田県人会なる組織がある事さえ最近まで知らなかった。

ブログ仲間の:☆青☆さんに誘われて、初の秋田県人会に参加。。。

20110929_01.jpg

場所はBTSのナショナルスタジアム駅のチョット先にあるSiam@Siam。

20110929_02.jpg

秋田県人には慣れない?お洒落な空間。

20110929_03.jpg

萱葺き屋根が似合うんだけどっ!

20110929_04.jpg

初参加で名刺交換するも大勢。。。
と言っても!24名の参加。

それでも誰が誰だか判らず終い。

20110929_05.jpg

こんな料理を食すのはメチャ久しぶり。

20110929_06.jpg

チーズにはワイン。
秋田県人でも、それくらいは判る!

20110929_07.jpg

料理は洒落ているだけではなく、美味しかった。

これはタイ風焼きそば。

中から大きめのエビがボロボロ出て来た。

20110929_08.jpg

あまり辛くなかった、ヤムウンセン。

20110929_09.jpg

昔の秋田美人が踊りだした。

秋田県人ってぇ陽気な性格だったけ?
いやいや男性陣は大人しかった。

20110929_10.jpg

初めて会った同士でも故郷が一緒であれば、直ぐに溶け込める。

”おれだば、7年タイさ住んでるけんどもなぁ!タイ語だば!じぇんじぇん喋れねぇもんなぁ。なさげねぇ”
秋田弁がバンコクの洒落た場所に鳴り響く。

近くで食事していた西洋人。。。
我々を何処の国の人と思っているのだろうか。

20110929_11.jpg

最後には記念写真。

一千万人以上が住むバンコクで三万人近くの日本人が住む。

その中で、今日は24名の秋田県人とその関係者が集まりました。
たった24名?

いや!よくぞ24名!

幹事さんにっ!

感謝っ!

クリック宜しく!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村ランキング参加中

タイ・ブログランキング

Category: タイの日本人文化

tb 0 : comment 2   

リピーターで溢れるタイ 

俺が大学を卒業して就職した頃は、日本は景気が良く、欧米も景気回復に向かっていた。

会社では若い人材に英語教育をして海外志向に向かわせていた。

俺は情報システム部に配属されて、シコシコとプログラムを作っていた。

周囲には女性も多く、良く遊びに行った。
”熊ちゃん”ってぇ~呼ばれていた。

”海外志向だぁ?英語教育だぁ?なんだそりゃ!お尻ペンペン!”
と!思って仕事に精を出した。

女友達は多かった。
当時はパンチャーという仕事があり、6人ほどの女性の外注が常駐していた。

そして30歳の時に海外へ出された。
英語教育も受けずに。

おもに欧州へ頻繁に出かけた。

飯が不味かった。
毛トウからムチャクチャ言われた。

或る国でストリップ小屋に入ったら踊り子さんから”ぺッ!”と唾を掛けられた。

数年後にプロジェクトは完了した。
もう行かなくて良いとホッとした。

海外経験が有ると言う事を買われ。。。
今度はバンコクに赴任した。

もう海外から逃れられないとは思っていなかったが、人生を感じた。

初めてのアジアだった。
当時は日本食は少なく、タイ料理を食べる機会が多かった。

焼き飯を食べて、日本に近い味に感動した。
タイ風ラーメンのスープに感動した。

3日連続ガイヤーン(鶏肉の炭火焼)を食べても屁でも無かった。
タイに馴染む俺が居た。

それから15年。。。

いまだに俺はタイに居る。

しかし!
なんとリピーターが多い事か。

最初にタイへ来た時に同僚として一緒に働いた日本人は14名ほど居た。

俺を含めて現在、4名がタイで働いている。
それも全員退職して別の会社の社員として。。。

しかし!
誤解をしてはいけない。
それぞれキャリアを積んだから出来る事。

仮にオネーちゃん目的も含まれていたとしても、タイでは”貴方しかできない事”を会社は求める。
歯車は要らない。

さてっ!
最近は友人たちも行かなくなったゴーゴー。
かつては、一緒につきあって行った。

当然、日本の連休に彼らは来るために店に入ると同じように遊びに来た日本人でイッパイ。

しかも”コイツまた来てる”という輩でいっぱい。

そして。。。

2年程前までタイで働いていた友人が、当時不況だったタイを離れてシンガポールで就職した。

その彼からの連絡で。。。

10月いっぱいで退職して再びタイへ戻ると。。。

理由は?
の問いには。。。
人間関係でっ!
と!言う。

本音は?
の問いには。。。
タイ情報のブログを読んでいるとっ!
”もう我慢出来ねぇ~”

だとっ!

クリック宜しく!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ←にほんブログ村ランキング参加中

タイ・ブログランキング

Category: タイの日本人文化

tb 0 : comment 0   

異業種交流 in 田舎っぺ 

在タイ日本大使館のサイトのタイ国在留邦人統計では、2010年では4万7千人が在留届けを出していると。

俺がタイに来た年からは2倍以上に増えている。

しかしながら、日本人会の会員は増えるどころか減る傾向にあると言う。

理由には、情報を得るに、楽になったと。。。

俺も、日本人会に入ったらどのような利点があるか判らず入会した事が無い。

確かに、インターネットを通じてタイへ進出する企業の情報を得る手段は多くある。

タイファクトリンクInfo Bizそれと、U-Machine

見れば判るが、なんと多くの企業がタイ進出しているかが理解出来る。

タイという異国で日本人が頑張る。
実は、忘れられているのは横の繋がり。

普通に仕事をしている限り出入りの業者と接する以外は会社に籠る生活になる。
他社の日本人と話をすると、意外にも面白い情報を得たりするものだ。

20110922_01.jpg

友人に誘われて”田舎っぺ”へ。

安くて美味しいが売りの店。
スクンビットソイ33に在る。

20110922_02.jpg

今日は、日本でIT関連の会社を営む方の息子さんと同僚を私の友人が結び付けてくれた。
そして、最近にムスメが田舎へ帰ったと喜ぶ嘆く在タイ7年のブロガー友達のTommyさん

20110922_03.jpg

5人でタイを語りましたが、IT関連の二人はバンコクに来て3カ月。
父親からはタイでビジネスチャンスを見つけて来いと放らされたそうな。

20110922_04.jpg

全くの異業種の面々。
しかし、タイで仕事をするといった事では同じ。

苦労も違う。

話は尽きなかった。
俺にも忘れていた何かが戻った。

情報を得るには簡単な世の中ではあるけれどっ!

顔と顔と突き合わせて日本人が異国で語り合うっ!

そんな原点も楽しかったっ!

基本がっ!

大事である事を改めて感じたっ!

クリック宜しく!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村ランキング参加中

タイ・ブログランキング

Category: タイの日本人文化

tb 0 : comment 4   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。